プレイテック社のソフトウェアについて



オンラインカジノにおけるカジノゲームは、ソフトウェアプログラムによって評価が大きく分かれます。
プレイテック社は日本市場で80パーセント以上のシェアを誇っており、その人気の高さはグラフィクスやサウンドの品質が非常に優れているからです。

オンラインカジノの創成期は、現在ほど通信速度が速くなかったために、優れたグラフィクスやサウンドを実現することができませんでした。
オンラインゲームは手軽な点に人気があったのですが、臨場感に乏しいという欠点を克服するに至らなかったのです。
しかし、近年は通信速度の向上がめざましく、かなりのデータ量を送受信することが可能になってきました。
そこで、ソフトウェアプログラムのクオリティを高めることで、臨場感たっぷりのゲームを楽しむことが可能となってきたのです。
これらの背景を基に、ソフトウェアプログラム会社の躍進があり、プレイテック社は1999年の創立からわずか7年後の2006年には。ロンドン株式市場への上場を果たしております。

また、プレイテック社が提供しているゲームについて触れておきましょう。
これほどの人気となったのは、やはり「マーベル」シリーズをテーマにした「アイアンマン2」の存在を抜きにして語ることができません。
「マーベル」は代表的なアメリカンコミックであり、キャラクターに慣れ親しんだひとが世界中に大勢存在しています。
「アイアンマン2」はジャックポットに対応していることもあり、プレイを楽しんだ日本人カジノプレイヤーは少なくないことでしょう。



それから、高額の払い戻しを期待することができる「グレートブルー」も人気のビデオスロット。
こちらはシャチがメインキャラクターとして出現しています。
さらに、リール絵柄としてサメやタツノオトシゴに亀などをあしらっていますから、何だか癒されてしまいますね。
もちろんこちらの「グレートブルー」にも大当たりが用意されていますから、初心者はビギナーズラック目指してトライしてほしいものです。

それから、プレイテックといえば「バッファローブリッツ」が一番、というカジノファンが大勢いることと思います。
「バッファローブリッツ」は驚異の最高4096ライン!
さらにフリーゲーム絵柄が3つ以上でフリーゲーム獲得となります。
大当たりとなるフリーゲームは最高100回。
1000万円近い当たりも理論上可能となるのです。

魅力たっぷりのプレイテック製ビデオスロット。
気になるようならば、無料モードで試してみてはいかがでしょうか?