手軽さに足をすくわれない為に

手軽さに足をすくわれない為に

オンラインカジノとは?

オンラインカジノは、全世界で人気となっているギャンブルゲームです。
ギャンブルにはいくつもの種類があることをご存知だと思いますが、オンラインカジノは新しい形のギャンブルであり、オンライン上でプレイできるという特徴があります。

オンラインカジノの特徴としては、自分でサイトに登録をして自由に賭け金も設定できて自由に遊べるという点が挙げられます。
ギャンブルなので、お金を賭けて、勝つことができれば賞金も受け取れます。

オンラインカジノは、24時間プレイができる上にいつでも自宅のパソコンから遊べます。
こんな魅力的なギャンブルのオンラインカジノですが、今は「カジノカフェ」というものまで登場しており、これらは同じものだと思われがちです。

そこで、カジノカフェとオンラインカジノは、どのように違いがあるのでしょうか。

カジノカフェとはどういうものか、その違いとは?

オンラインカジノのイメージとカジノカフェはよく一緒にされがちです。
しかし、これらの2つは全く似て異なるものです。

オンラインカジノは、自宅やスマートフォンから自分でアクセスをして楽しむためのギャンブルゲームですが、カジノカフェはそうではなく、ネットカフェのような店内でオンラインカジノが提供されるというお店になります。
インカジとも呼ばれており、基本的に店内で精算が行われており、店内で金銭のやり取りが行われます。

オンラインカジノは、登録からアカウントの作成、そして入出金までを自分が行う必要がありますので手間がかかってしまいますが、カジノカフェの場合そういった手間がかかりません。
もしもゲームに勝利をすればその場でお金が受け取れますし、アカウントの作成などもせず、その場で手軽にゲームが楽しめます。

オンラインカジノは、あくまでも自宅やスマホから個人で楽しめますが、カジノカフェは、雑居ビルなど、都会の片隅で運営されているのが特徴です。

また、カジノカフェは、公になっていない存在で、基本的にはキャッチなどで勧誘され、そしてついていってお店に案内されるということがほとんどです。

カジノカフェの問題点

オンラインカジノとこのカジノカフェは、直接ゲームで遊ぶことと、店内で遊ぶという点で違いがありますが、さらに大きな違いと問題点があります。

まず、カジノカフェは、国内において賭博の場所が提供されているということから、れっきとした賭博罪になります。
都会の片隅でひっそりと看板を出さずに営業されているのはこういった理由があります。

オンラインカジノの場合、海外で運営されており業者は海外業者です。
このため、胴元が国内にありませんし、オンラインカジノそのものは違法ではないので、取り締まることが非常に難しいです。
法律的にはグレーゾーンですが、見逃されている部分が多く、摘発される可能性は極めて低いです。

しかし、カジノカフェの場合はそうではなく、お店でオンラインカジノが提供されていることになりますので、賭博罪が適用されてしまいます。
このため、お店に足を踏み入れただけで逮捕されてしまうリスクは高いですし、2016年には京都のカジノカフェが摘発され、経営者も含めて逮捕されています。

カジノカフェは、全国で摘発が相次いでおり違法な存在です。けして足を踏み入れてはいけませんし、大きなリスクがあります。

不正が横行しているカジノカフェ

オンラインカジノは、ライセンスが国から発行されており、合法とされている国から正式に認可されているものです。
また、不正やイカサマがないかどうかも外部の監査機関で監査を受けていたり、また乱数発生プログラムなどがある大手のソフトウェアを使用していれば、安全性と公平性は確立されていると言えます。

しかし、カジノカフェはそもそもが違法な存在ですので、公平性や安全性には問題があります。
お店側で不正を行っていても知る事はできませんし、不正が行われている可能性のほうが高いです。
監査機関が監査をしているというわけではありませんので、お店側のやりたい放題というわけなのです。

このため、カジノカフェであるインカジでいくらプレイをしても結局勝つことができないということになります。
プレイヤーを勝たせないことで、利益だけを折半しているという悪質なカジノの可能性が高いのです。

カジノカフェは暴力団が営業をしている

オンラインカジノは安全性が高く、運営をしている企業も一流の企業ばかりです。
ユーザーの視点を常に考え、信用を勝ち取るための工夫をしています。

しかし、カジノカフェは違法な存在であり、暴力団が違法に営業を行っているケースがほとんどです。
その為安全性に疑問符が付くことはもとより、足を踏み入れることでいざこざやトラブルに巻き込まれてしまうという可能性もあります。
個人情報が盗まれてしまったり、そういった危険性もありますので、けして足を踏み入れないようにしましょう。



Leave a Reply

Your email address will not be published.

*
*

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。